「ほっ」と。キャンペーン
<< The Utah Chocol... 久しぶりにお菓子作り >>

Ratatouille -ラタトゥーユ-

レミーのおいしいレストラン」は夏に公開されたディズニー/ピクサーの最新作。
アニメーションの出来が良いのはピクサーならでは、ですが、この映画は舞台がパリ、フレンチレストランでフランス好きの人にはぴったりの映画。出てくるお料理とグルメなねずみ、レミーの才能に魅了されてしまう、大人も楽しめるアニメです。
公開された時に映画館へ家族で見に行き、皆で大ファンになってしまったので、今週DVDが発売されて嬉しい♪(日本では14日に発売みたいです。)

原題は「Ratatouille(ラタトゥーユ)」。ラタトゥーユって、フランスの家庭料理、素朴な夏野菜の煮込み料理なのに、レミーの手にかかると、とってもオシャレな一品に変身してしまうのが感動ものなんですよね~
思わず画面に目が釘付けになります。(笑)

そこで、DVD発売記念に(?)挑戦しました、レミー風ラタトゥーユ。
映画を見て、ぜひ作ってみたいと思った人は少なくないみたいで(やっぱり)、こちらこちらで作られているのを参考に。

f0124293_620381.jpg


この人もオーブンで仕上げるRatatouilleのレシピをに載せていますが、私は今までお鍋でコトコト派でした。でも、オーブンでこうやって仕上げると、野菜のごった煮にならなくって、見た目が良いですね。

f0124293_6164693.jpg


仕上げはこんな感じ。どうでしょう?

f0124293_6175183.jpg


Ratatouilleはいったん冷ますと味がしみてより美味しくなります。夏野菜の時期は過ぎてしまっているのに今回は強引に作りましたが(笑)、来年の夏にはもっと作ろうと思います。

ところで、この映画のフランス料理のコンサルタントは有名シェフThomas Keller氏。 Napa Valleyにある彼のレストラン「The French Laundry」やビストロ「Bouchon」にいつか行ってみたいなぁ~と思いつつ彼の本を眺めてましたので、彼が担当と聞いて納得。
映画に出てくるラタトゥーユは彼のこのレシピが参考になっているそうです。→Confit Byaldi

彼は「Spanglish -邦題「太陽の国から来たママのこと」-」でも料理コンサルタントをしたんですって。この映画も、一流シェフ役のアダムサンドラーが作るお料理が美味しそうだったんですよね~
(余談ですが、この映画、お下品なジュークさえなければ切ないラブコメディーで好きなんですけれど...そして、アダムサンドラーにしてもロビンウィリアムスにしても、コメディアンの役者さんって、シリアスな役柄を演じた方がずっと上手くて魅力的なのはなぜなんでしょうね...)
[PR]
by satoko_us | 2007-11-10 04:00 | Movie
<< The Utah Chocol... 久しぶりにお菓子作り >>