タグ:Autism ( 3 ) タグの人気記事

Brothers

アントニーとマーカスが仲良く一緒にテレビを見ている様子が可愛かったのでパチリ。
f0124293_7443490.jpg

こういう時はどうしても「もしアントニーが普通だったら2人は兄弟としてどんな関係を築いてたのかなぁ。」と想像せずにいられません。
この間、同じように自閉症児を持つ友人とも「What if...(もし…)って考え始めるとだめだよね~感情を抑えているダムが壊れてしまうからそこには行けないよね。」なんて話をしました。

13日はアントニーの誕生日で、本当は何もお祝いするつもりではなかったのですが学校からの毎日の連絡ノートに先生が「アントニー、お誕生日おめでとう」ってさりげなく記入してくれていて、なんだかその心遣いにほろっときてしまい泣き出したら涙が止まらなくなりました。
そして、やっぱりカップケーキを焼いて、家族でハッピーバースデーを歌いました。ロウソクも1本立てて、アントニーの前に差し出して「吹き消してごらん。」って言ったらちゃんと吹き消した彼。その姿を見て主人も「なんか涙が出るなぁ。」って。
毎年10月13日はそんな風に哀しくて切ない日です。

f0124293_745736.jpg

[PR]
by satoko_us | 2010-10-18 07:32 | Kids

Stars Festival

数週間前、Anthonyの学校のファンドレーザーがありました。
f0124293_72982.jpg

ファンドレーザーは学校の資金集め。親たちが寄付したものをオークションしたり、食べ物を売ったりします。

彼の学校は昨年完成した新しい学校。設備の整った綺麗な学校です。プリスクールから高校3年生までの障害児を受け入れる大きな学校です。
f0124293_7295635.jpg

学校に行くたびに、さまざまな障害児を目にするのはとてもつらいです。普段抑えているAnthonyに対する感情などが溢れ出しそうになるし、気分的に明るくなれない。きっとそう感じる親が多いのか、こういった学校の行事や、クリスマスパーティー、ハロウィーンパレードなどに参加する親の数はとても少ないです。
先日Marcusの通う学校でも同じような行事があったのですが、その参加数は対照的でした。

それにしてもうちの主人もブログに書いてますがこの学校の先生たちは素晴らしくて本当に頭が下がります。私たちを見かけたらすぐ「来てくれてありがとう!Anthonyはとっても良い子ですよ。We love him.」と言いに来てくれました。先生も、校長先生も私が何か相談事があったり、困っていることがあるとすぐに親身になって話を聞き、一緒に解決策を考えてくれます。精神的にサポートしてもらえるのは本当にありがたいことです。
f0124293_730186.jpg

学校のモットーでもあるのが、このTシャツのロゴです。

Every Child
Every Day
Whatever it takes
[PR]
by satoko_us | 2010-10-11 08:13 | Kids

Anthony and Holes

f0124293_4323848.jpg

夏休みなので、お仕事もお休み。家で過ごす時間ができると、以前から気になっていた事がもっと気になるものです。
昨日作ったのはこの壁掛けメール・オーガナイザー。
チラシや、郵便などをキッチンのカウンターに山積みになるのが気になっていたので、これですっきり!
でも、これを作った本来の理由は別にあったりします。

それは、、、

f0124293_4251812.jpg

家じゅうあちらこちらにある穴!
ドアにもこんな風に。
f0124293_426432.jpg


犯人はもちろんAnthony。彼は、機嫌が悪くなったりいらいらしたりすると頭を壁にぶつけます。周囲の人に頭突きしたりもするのですが(かなり痛い)、壁にもかなりの強さでドン!とやってしまうので、我が家の壁やドアは穴だらけなのです。壁の穴の修理をしても同じところに繰り返すことが多くて(高さ的に彼の頭の位置なんでしょうね~)、直してもまたすぐ穴。(苦笑)だんだん修理が面倒になってきて、ほったらかしにしたり。

一応ベッドルームのドアはこんな風に写真を飾って、穴隠ししてます。(ドアは修理できないのです。)
f0124293_4274370.jpg

クロゼットのドアにも、こんな感じ。
f0124293_432129.jpg

キッチンの収納クロゼットのドアには、IKEAで買ったポスターボードを飾ってはいたのですが、あんまり好きじゃなかったので、どうせなら一石二鳥!と思い、布を張って作ったのが最初の写真の壁掛けメール・オーガナイザーです。参考にしたのはこちら
f0124293_442068.jpg

ちょっとカルトナージュの要領です。

そして、ほったらかしにしていた一番ダメージの目立つダイニング・ルーム。なんといっても、穴があるのが壁の端なので、そこだけに写真やポスターを飾るのはどうもバランスが悪すぎるし、壁全体をカバーするような大きなポスターはお値段高すぎるし、といろいろ悩んだ結果、パネルを作って隠すことにしました。
f0124293_433465.jpg

とりあえず、これで穴隠しばっちり!あとは、このパネルの間にアントニーが穴を開けないのを祈るばかりです。(笑)
[PR]
by satoko_us | 2010-07-12 04:34 | Crafts&Sewing