「ほっ」と。キャンペーン

タグ:Cookbooks ( 5 ) タグの人気記事

SLCで1番美味しいパン屋さん

f0124293_1015145.jpg

アメリカのパンははっきり言ってあんまり美味しくないです。日本だと美味しいベーカリーがあって、パンを買いに行くのが楽しみだったりするし、スーパーで買う食パンでもふわふわで美味しいですよね。先日帰国した時も、パン屋さんに通ってしまいましたもん。

でも、ここSLCには、ちょっと感動してしまうパン屋さんがあるのです。
このお店や、ここも人気があるのですが、私のお気に入りはなんと、スーパーのHarmons内にあるベーカリー。Harmonsはここ数年、グルメ志向に経営方針を変更したみたいで、チーズコーナーの品揃いもなかなか。ヨーロッパ各地の美味しいチーズが買えちゃうんです。チーズコーナー担当はネイティブフランス人だったりして、美味しいチーズの食べ方を教えてくれたり、珍しいチーズを薦めてくれたり、ラクレット用のチーズを買いに行った時には「スイス産かフランス産かどちらがいいか?」って聞いてくれたり、これってユタの普通のスーパーにしてはなかなか上出来だと感心してしまいます。(笑)

話がそれましたが、ベーカリーは、材料全てオーガニック、しかもNatural Starter(天然酵母)使用。ドイツから輸入したらしい釜で焼き上げているパン、とっても美味しいんです。
材料にベルギーのCallebautのチョコレートを使ったチョコレート・ドライチェリーパン、ブルーチーズと胡桃のパンなど、日替わりメニューも豊富。
SLCでパンを買うなら是非お薦めです。

パンといえば、日本で買ってきた「みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓」からパンを作ってます。
↑に書いたチョコレートのパンを家でも作りたいな、と思っていたので、この本にチョコレートパンのレシピが載っていたことから購入。基本のパンなどは無視していきなりチョコレートパンを焼きました。
f0124293_1024882.jpg

日本のレシピ本だからか、甘めも控えめで(我が家にとっては、です。うちは甘党なのであまり参考にはなさらない方が...苦笑)すっかり気に入ってしまいもう2回焼きました。

チョコレートパンを2回焼いてひと満足したので、基本の丸パンも。
f0124293_1034916.jpg

f0124293_1042616.jpg

こうやって大きな口を開けて頬張る子供たちの様子を見るのが家庭でパンを焼く一番の楽しみかな。(笑)



[PR]
by Satoko_us | 2008-10-12 10:58 | Food

秋のお菓子作りとカルトナージュ

感謝祭のお休みなので、デザート作りしました。
まずはTarte aux Trois Noix (Triple-Nut Tart)。パインナッツ、ピーカン、ウォールナッツの3種類を混ぜたナッツたっぷりのタルトです。ナッツのタルトは我が家では不人気なのですが、私は大好きなので、このタルトは自分のために作ったようなものです。(笑)

f0124293_4382635.jpg


こちらはBouchon。ブラウニーのような感じの小さなケーキ。

f0124293_439690.jpg


ナッツのタルトは、「The American Boulangerie: French Pastries and Breads for the Home Kitchen 」から。この本は美味しいパンやケーキのレシピが載っていて気に入っています。ブリオッシュとか、クロワッサンとか、この本から作った事がありますが、とっても美味しかったです。
BouchonはRioのお気に入りの本「What's Cooking?: A Cookbook for Kids (Ratatouille)」から。先日書いた、映画「Ratatouille」がテーマの子供用レシピ本です。子供用に説明がされているので、彼女はこの本を参考に先日オムレツを家族皆に作ってくれました。小さい頃から(彼女は10歳だからあまり小さくないですけれど)、お料理するのは良い事ですよね~こんな可愛い本があるとますます意欲をそそってくれるので嬉しい事です。Bouchonはのレシピなので、この本にもレシピが載っていますので、そちらもちらちら読みながら、一緒に作りました。

他にも栗入りブラウニー、マシュマロ入りチョコレートクッキーなども作りましたが、写真撮り忘れました。(笑)
お菓子作りは楽しいのですけれど、たくさんあっても仕方がないのでお友達や家族に配ります。
そろそろクリスマスなので、クリスマスのお菓子も作って配らなくっちゃ~

おまけですが、久しぶりにカルトナージュもちょっとだけ。
[PR]
by satoko_us | 2007-11-25 05:17 | Food

気分はパリジェンヌ

あの本からいろいろ作ってみています。
f0124293_112447.jpg

Sabrés au Citron(Lemon Butter Cookies)はの写真とかなり違う出来。多分、グレーズに粉砂糖を入れすぎてフロスティングのようになってしまったからだと思います。(苦笑)でも、レモンの風味が清々しくって春から夏にかけてぴったりだと思いました。ミニサイズだからぽんと口に入れちゃえます。うちの家族には「小さいね~このクッキー。」と、言われましたが...
f0124293_11254676.jpg

これはPoulet Mijorté à la Moutarde(Mustard Chicken Stew)。チキンとたまねぎとトマトを煮込んで仕上げにディジョンマスタードを入れます。ここのところ寒かったので、温まって美味しかったです。簡単ですしね。
f0124293_1127168.jpg

こちらは、Madeleines au Roquefort, Poire & Noix(Walnut, Pear, and Roquefort Madeleines)。おかずになるマドレーヌです。でも、これは家族には不評でした。ブルーチーズ系を食べることが少ない(ほとんどない)ので、ちょっとくせがあって受けませんでした。残念...
f0124293_113091.jpg

本のCrêpeのレシピを使って作ったBlintz。クレープの生地を一晩寝かせて、しかも中に入れるクリームチーズとリコッタチーズ+卵を混ぜたあと数時間冷やして、それから焼いたクレープを冷やしたチーズのミックスを入れて春巻きの要領で巻き(笑)、その後オーブンで30分焼きます。朝ごはんにしようと思って作りましたが、朝から時間かかり過ぎました。(土曜日でよかった...)

クレープというと、思い出があります。
あれは、初めてパリに行った時のこと。おしゃれなパリジェンヌがさりげなく食べ歩いているのをみて私も早速。美味しいクレープを食べながらパリの街を歩いたのがクレープとの出会いでした。

なーんて、おしゃれなエピソードがあればいいのですが、現実は全く違って(爆)、高校生の頃アルバイトでスーパーのフードコート内のお好み焼きやさんで働いた時に真向かいにあったのがクレープ屋さんでした。
焼きそば、お好み焼き、たこ焼き、など汗をかきながら鉄板の上で作る横目でクレープ屋さんを眺め、「どうしてクレープ屋さんのバイトにしなかったんだろう...」と悔やんだものでした。
バイトの終わりに時々クレープを買って食べてましたが、チョコレートとバナナのクレープ、美味しかったのを覚えています。

(ところで、実際にパリでクレープを食べた覚えがないんですよね...バゲットのサンドイッチを食べ歩きした記憶はあるんですけれど。笑)

そういうわけで、おまけです。(パリジェンヌとは程遠い...)
[PR]
by satoko_us | 2007-05-25 00:50 | Food

It's finally here!

f0124293_8113095.jpg

人気ブログ「Chocolate & Zucchini」のClotildeのが15日に発売になりました♪

Amazon.comで注文したのですが、発売日に本が届かず、まだかまだかと待っていました。
その間に、彼女がテレビ出演をしたり、ブックツアーをする様子を耳にしながら、TVでも取りあげられた本からのレシピ、Biscuits Très Chocolat(Very Chocolate Cookies)を作ってみました。
f0124293_8225713.jpg

(写真は彼女の本の真似です。)

うーん、美味しい!
レシピ、TVの様子はこちらで見ることが出来ます→「Today Show」(パリジェンヌのイメージにぴったりです、彼女。)

クッキーを作っていると、本が届き、本物を目にしてなんか感動してしまいました。会った事もない全くの他人のClotildeですが、「よかったね~!Bravo~!」と涙が出そうになりました。(私って変でしょうか...笑)

さて、何から作ろうかなぁ~!
[PR]
by satoko_us | 2007-05-18 08:35 | Food

レシピ本いろいろ

ヘルシーな食生活を目指そうと思ったのがきっかけで、いろいろなレシピ本に夢中の今日この頃です。
でも、お料理の本って分厚くってお値段も高いし、自分に気に入るものかどうかは作ってみなくてはわからないので即買いするのは躊躇ってしまいます。(けちなだけですね...)
そこで、私の対策法は、まず図書館で大量にレシピ本を借りてきてその中から好きな本を選び抜いて購入するというもの。これなら「買わなきゃよかった~」という失敗なしです。

ヘルシーを目指しているのにかなり矛盾していますが、今お気に入りの本のひとつが「Tartine」。
サンフランシスコの人気ベーカリーのレシピ本で、美味しそうなパンや焼き菓子などのレシピが並んでいます。
その中からまず作ったのは、Banana-Prune(Date) Tea Cake。(DateがなかったのでPruneを代用しました。)
f0124293_13154717.jpg

バナナとくるみのケーキは以前からよく作りましたが、プルーンが入ると味に深みが出るような気がします。思いっきり、好みの味でした。
f0124293_13175779.jpg


次に作ったのは、Chocolate Friands。
f0124293_1319478.jpg

これは、ひとくちサイズの小さなお菓子だから、食後に1つつまむくらいなら大丈夫だろうと思い、作りました。
f0124293_13201845.jpg

でも、チョコレート好きの主人「美味しいなぁ!」と、すごく気に入ってしまい、1つどころですみませんでした。1つだけお皿に乗せて、残りは隠しておくべきだったかも。(隠せるはずがないんですけれど。)

その次はParfaitに挑戦。フランスのParfaitはフローズンカスタードのようなものなのですね。アイスクリームとムースの中間のようなお菓子です。カスタードと生クリームを混ぜて、冷凍庫で冷やして作ります。
f0124293_13215977.jpg

これを作った動機は、前もって作っておいたイチゴとルバーブのジャムを使いたかったから。ルバーブとカスタードが合うと聞いていたので、きっといけるだろうと。思ったとおり、ジャムの酸味がParfaitの甘さと相性抜群でした。(ジャム、思いっきり滑っていますね~。笑)
f0124293_13235131.jpg


Parfaitには8個の卵黄が必要だったため、卵白があまってしまいました。そこで作ったのがAngel Food Cake。娘のリオがスーパーで市販のAngel Food Cakeを欲しがった時に「家で作ってあげるよ~」と約束してしまったので、そのうち作らなくっちゃと思っていたのでちょうど良かったかな。
f0124293_13245162.jpg

Angel Food Cakeは卵白がメインのふわふわなケーキ。シフォンケーキみたいな感じですね。シフォンケーキもアメリカのケーキですが、このエンジェルフードケーキの方がシフォンケーキより人気があるかもしれません。スーパーのイチゴ売り場には必ずといって良いほどこのケーキが並んで売られています。
f0124293_1326771.jpg

これは私のお料理バイブル本The New Recipe Book」のレシピを使いました。レシピが良かったおかげで、綺麗に焼けて、リオも大満足してくれました。
f0124293_13271145.jpg


ただ、このケーキには卵白が12個必要だったため、最後に卵黄が4個あまってしまいました。そこで、Pastry Creamを作ったのですが、それは今冷蔵庫に入っています。タルトに使おうか、シュークリームに使おうか、思案中。(早く使わなくては...)

お菓子ばかり作ってしまったので、肝心のヘルシーな食生活も考慮することにし、(もう手遅れ?)夕食はお魚料理を作りました。
これは「Happy in the Kitchen」という本から。この本も今のお気に入りです。
作ったのはAsparagus Salmon。アスパラガスを綺麗にトリミングして軽く茹でてから、サーモンに切り口を入れて詰めます。
f0124293_13282224.jpg

アスパラガスのビネグレットも作って添えます。
f0124293_13292730.jpg


さて、ライフログに並んでいる本で、まだ試していない本があります。それは、「Chocolate and Zucchini」。ずっと前に書いたことのある人気ブロガーのClotildeの本で、5月15日についに発売になります。彼女のブログに掲載のレシピは優れものが多いので、この本は発売同時に買おうと思っています。とっても楽しみ~!
[PR]
by satoko_us | 2007-04-26 11:49 | Food