タグ:LDS Church ( 6 ) タグの人気記事

林檎にもいろいろ


f0124293_824435.jpg


「林檎には多くの種類があります。
赤いものもあれば青いものも。
苦味があり、焼き菓子に適したものや
甘くてそのまま食するのに適したものなど。
(種類は違っても)それぞれに目的を果たしているのです。」

以前私がモルモン教徒だということを書きましたが、モルモン教会では日曜日にレッスンを教えたりするのはメンバーが役割分担をします。詳しく書くと長くなりすぎるので省略しますが、私は14-15歳の女の子達のクラスを教えはじめました。テキストが用意されていて、それに基づいてレッスンを行うのでそんなに大変ではないのですけれど、それでもちゃんと準備をして、どうやったら効果的にレッスンの主旨を伝えられるか考えたりします。
今回のレッスンは「Recognizing Our Individual Worth」、私達はそれぞれに価値があり、異なった目的を持っているというメッセージ。
このままストレートに教えても14-15歳の女の子達にはインパクトが欠けたりもするので、ちょっと趣向を凝らそうと準備したのが、林檎をたとえにしたアイテム。数種類の林檎をバスケットに入れて、それぞれの林檎を較べながら上の写真にある、小さな栞を渡しました。
思春期真っ只中の女の子って、自分自身と他人を比較して自信をなくしたりすることが特にありがちだと思うのですよね。クラスの全員に「自分の才能はなんだと思う?」と質問し、あなた達は皆とっても大切な存在なのよ、って話しているうちになんだか彼女達皆に対する愛おしい気持ちで胸が熱くなってしまいました。
私も歳をとってまるくなったものだなぁ~なんて。(笑)

林檎がテーマなら、デザートも林檎のものを何かあげようかな、、、と準備したのがこちら、“Mini Caramel Apple”。
f0124293_833591.jpg

キャラメルをコーティングしたキャラメルアップルは誰もが好きな秋のデザートですが、林檎丸ごとは大きすぎてちょっと食べにくいのでこのミニタイプにしました。
メロンボーラーでくりぬいた林檎をスティックに刺し、ピーナッツバターフレーバーのキャンディ用チップを溶かしたものに浸けてコーティングする簡単レシピ。
ただ、レシピではディップしたあとはペーパーカップに入れて固める、とあったのですが、そうするとキャンディにペーパーカップの跡が付いちゃうんですよね。
そこで、とっさに思いついたのがこの方法。
f0124293_84387.jpg

水切りボウルを逆さにしました。(笑)そうそう、コーティングしたあとはスプリンクルにディップしましょうとも書かれていましたが、それだとスプリンクルがベタッと付きすぎてしまうのでスティックを手に持った状態で振りかける方法にしました。スプリンクルはハロウィンっぽいものにしましたがちょっと強烈ですね。ま、アメリカらしくって良しという事に。(苦笑)
f0124293_842320.jpg

ちゃんと固まってからペーパーカップに並べて出来上がり。
f0124293_844457.jpg

これを作っているうちに、なんだか本物のキャラメルアップルが食べたくなってしまいまったので、教会から帰った後のんびり作ったキャラメルカップル。
f0124293_86040.jpg

本物キャラメルアップルのレシピはこちらから。生クリーム、シーソルトと蜂蜜だけの比較的健康的なキャラメルです。ここのレシピはいつも健康的なので、ヘルシーなものが食べたい時にはとっても参考になります。写真もいつ見ても綺麗ですしね~

キャラメルアップルを頬張る子供たち。
f0124293_862274.jpg

f0124293_864292.jpg

小さめの林檎で作ったのですが、最後まで食べ切れなかった2人です。
ミニアップルの方が好き~!って言ってました。(レッスンに持っていく前に子供たちに味見してもらったので。)
手作りキャラメルの方が手が込んでるしヘルシーなんだけれどなぁ~

あ、でも林檎はそのまま食べるのが1番ヘルシーですね。(笑)
[PR]
by satoko_us | 2008-10-27 08:14 | Food

BYU Women's Football Clinic 2008

Brigham Young University(BYU)のフットボールクリニックに参加してきました。(この記事の写真は全てコンデジで。大きなカメラもって行きたくなかったので...苦笑)

f0124293_414454.jpg


今年で4回目を迎える年に1度のフットボールクリニック。500名以上の女性がLaVell Edwards Stadiumに集まっていました。年齢層も14歳から88歳まで。88歳って、すごいですよね~!
BYUフットボールのコーチや選手からBYUフットボールチームについての説明や、フットボールの基礎知識を教えてもらえます。

私は特にフットボールのファンではないのですが、うちの主人がBYUフットボールの大ファン。昨年このクリニックの存在を知った時から、「来年は行くといいよ~!」って薦められていました。女性対象だから本人は参加できないんですもの。可哀想に...(笑)
だったら、私が代わりに行って来てあげよう!という次第。

主人の妹2人は主人と同じく大ファンなので昨年に引き続き今年も参加するというので一緒に出かけました。

まずはロッカールームやプレスボックスのツアー。
f0124293_4144224.jpg

そしてコーチによる説明会、プレーヤーへの質問会+サイン会。
f0124293_851540.jpg

f0124293_855029.jpg

彼↓はQB(クオーターバック。大事なポジションです。)のMax Hall。
f0124293_4153888.jpg

彼↓(Dennis Pitta)もかなり昨シーズン活躍した方らしい。一緒に写真を撮ってもらっておきながらも誰なのか全然わかっていなかった私。何人かと一緒に記念撮影をしたり、サインをもらったりしたのですが、後から「彼は誰?」って義妹に聞いてばかりでした。(苦笑)
f0124293_863733.jpg

会場外でテレビインタビューを受けていたヘッドコーチBronco Mendenhallを捕まえて記念撮影も。
f0124293_8141640.jpg

その後はフットボール場に出て、練習体験の始まり。ポジション毎に行う練習を6つのグループに分かれて交代しながら体験。フットボールを投げたり、走ってボールをキャッチしたり、タックルの練習とか、汗かきました。面白かったですよ~

最後にヘッドコーチBronco Mendenhallのスピーチが。彼は42歳って、まだまだ若いんですけれどヘッドコーチらしくオーラがありました。
f0124293_417692.jpg

最初の説明会でも彼が主張していた事は、チームのモットー"Tradition, Spirit and Honor"(伝統、(高潔な)精神、名誉)。その3つの中でも特にSpiritを大事にしているって言っていました。 精神力があり、ここBYUでフットボールを頑張りたいと思う選手を揃えたチームにしたいのだとか。


選手と接して感じたのですが、皆良い子なんですよね~なんか好青年というか。それも作り物じゃない誠実さが感じられるタイプ。こういう子たちが頑張っているフットボールチームなら応援したくなります。

軽食が出て、Tシャツ、ポスター、フットボールのルール表や今シーズンのメディアガイドなども貰えちゃったし、4時間があっという間。主人いわく「これで参加費25ドルは安いよ~!来年も行くといいかも。(←誰が?笑)」って。
f0124293_891391.jpg

英語ですけれど、こちらこちらで取り上げられています。このビデオには、私もちょこっと写っていました。一瞬なので、発見できた人がいたら偉い!です。(笑)(ヒント:走ってます。)

たくさんサイン貰っちゃった♪
f0124293_8131583.jpg

[PR]
by satoko_us | 2008-08-04 05:35 | Daily Life

Pioneer Day at Heritage Park

7月24日はユタ州の祝日「パイオニア・デー」です。
f0124293_6353895.jpg

快晴で、外で過ごすには暑すぎぴったりの日でした。
f0124293_6445450.jpg

ここは「This is The Place Heritage Park」というSLCに来たら外せない観光スポット。ちょっと長い名前の由来は、1847年にモルモン教徒の開拓者が1300マイルの長旅を経てソルトレイクバレーに到着した時、リーダーのBrigham Youngが「This is the place.」と言った事からなのです。パイオニア(開拓者)デーを過ごすには最適の場所なので、子供たち3人連れて行ってきました。

以前と同じく、ボランティアの子供たちが雰囲気出てます。
f0124293_6482826.jpg

ネイティブインディアンのTepeeの展示も。
f0124293_6512173.jpg

ミニチュアトレインも走っていました。
f0124293_645427.jpg

ただ、子供たちが乗った時に電車のモーターの調子が悪くなってしまって、10分後くらいに戻ってきてくださいと言われてしまいました。他の場所を巡って30分後くらいに戻ってみたのですがまだ修理完了していなくって、諦めきれないマーカスは電車の横で「きっともうすぐ直るよ!」とすっかり待つ態勢。
仕方なく、鴨の写真を撮って待つ私。(笑)
f0124293_6533176.jpg

結局なかなか終わりそうもないので、マーカスを説得して(お昼食べに行こう!って誘ったらコロッと態度変わりました。爆)、あとでまた来る事に。
この電車は高台にあったので、坂道を登ること3回目。今度直ってなかったらもう諦めようね~なんて言いながら帰る前に行ってみると、修理が終わって走っていました。よかった、よかった。
f0124293_2432287.jpg

小さな湖の周りを走る電車。
f0124293_2462877.jpg


More 他にもいろいろと。(写真多いです)
[PR]
by satoko_us | 2008-07-26 06:46 | Sightseeing Spots

Hawaiian Vacation Part 2

Polynesian Cultural Centerにて。
f0124293_1315040.jpg

ポリネシアカルチャーセンターはオアフ島のノースショアーにあり、隣設するブリガム・ヤング大学ハワイ校(モルモン教会が運営する大学です)の生徒が大学に通いながら、ポリネシアの文化を紹介しながら働けるように設立された非営利団体。1963年10月12日の開業以来、ポリネシアカルチャーセンターで働くことを通して、およそ15,000人の生徒たちが自らの学費をまかなってきました。(HPより抜粋。)

このセンターは、ハワイをはじめとするポリネシアの文化を経験するのには絶対おすすめ、と聞いていたので今回の旅行の日程に組んでいました。
あいにくの雨でしたが、センター内には8つの島-サモア、アオテアロア(マオリ、ニュージーランド)、フィジー、ハワイ、マーケサス、タヒチ、トンガ、ラパヌイ-の村があってゲームやクラフト、ドラムやダンスのデモンストレーションを行っていて楽しかったです。

まずはウクレレのフリーレッスン。
f0124293_2254127.jpg

ギターに興味のあるマーカスは真剣に弾いていました。
f0124293_2174177.jpg

トンガの村ではドラムのデモンストレーション。
f0124293_145106.jpg

観客の中から参加者が3人選ばれる事に。
f0124293_1373618.jpg

やっぱり見かけからして察しが着くのか、うちの弟、ちゃんと選ばれました。(笑)
f0124293_1405378.jpg

なかなか様になってますでしょう~?彼、すっかり溶け込んで、掛け声も上手に入れてインストラクターの人と一緒にドラムを叩いていました。
f0124293_2142453.jpg

(後日談ですが、翌日行ったアラモアナショッピングセンターで、弟は「あなた昨日ポリネシアカルチャーセンターで太鼓叩いていた人でしょう~!すごく良かったわよ~」って、声をかけられました。笑)

カヌーショーも見ごたえがありました。
f0124293_1481769.jpg

f0124293_1504236.jpg

カヌーの上で踊るのって安定感がなくって難しそうですよね。
f0124293_1522975.jpg

f0124293_1545932.jpg


フラダンスのプチレッスン、ココナッツブレッドの試食などをしながらあちらこちらの村を回り、夜はビュッフェタイプのディナー、その後はイブニングショーと、盛りだくさんの1日を過ごしました。
f0124293_2504670.jpg


最初は、チケット高いなぁ~(けち)と思っていたのですが、これなら全然高くない、と大満足。
時間が足らなくて見れない所がたくさんあったので、また行かなくっちゃ、です。

f0124293_1575960.jpg

[PR]
by satoko_us | 2007-10-11 03:25 | Travel

Deseret Industries

SLCでは、この看板のお店をよく見かけます。
f0124293_852441.jpg

Deseret Industriesは、末日聖徒イエスキリスト教会(モルモン教会)の運営する非営利団体、Thrift Shop(中古品店)。
寄付された洋服、家具、食器、家庭電化製品などが安い値段で売られているのは他にもあるThrift Shopと同じですが、Deseret Industriesは職業トレーニングの場として、地域に貢献しています。ここで働く訓練生は身体的に障害があったり、何かの問題があって一般的な仕事に就くのが困難なケースが多く、彼らが経験と知識を得て職を得られるようトレーニングを受けられるシステムになっているそうです。
Deseret IndustriesのスローガンはPeople Helping People Help Themselves。
なかなかよいスローガンだと思います。

と、まぁ説明はこのくらいにして、わたしはDeseret Industries(通称DI ”ディーアイ”)に掘り出し物を探しに行くのが大好き。この椅子もDIで見つけたものだったんですよ~

最近見つけたものはというと...

ヴィンテージのパイレックスのキャセロール。黒に雪の結晶模様が可愛いな、と思いました。$1なり。
f0124293_865497.jpg

右手前の黄色いパイレックス・ミニキャセロールは50セント。左奥はファイヤーキングのキャセロール。裏にちゃんとAnchor Hocking Fire Kingとありました。これは$1。
f0124293_875847.jpg

前回のParfaitに使ったアイスクリーム用グラス。1つ50セントでした。
f0124293_12123881.jpg

なんと、ヴィレロイ&ボッホのお皿も発見。Petite Fleurの絵柄は好きなので、使い込んでありましたがとても得した気分。デザートプレートは50セント、ディナープレートは$1。まるで使い捨ての紙のお皿のような値段ですよね。
f0124293_8121758.jpg

これは、ものすごく古そうな箱に入ったヨーグルトメーカー。未使用みたいでグラスも使った形跡全くなし。中に入っていた説明書には1976年って書いてありました。$4で購入。
f0124293_892839.jpg

これでヨーグルトを作ってみようと思っています。自家製ヨーグルトって、体に良さそうですよね?(ヘルシーな食生活、まだ諦めていません。笑)

ところで、DIに行くと、子供連れの家族がたくさんだったりします。洋服類も割と良いコンディションのものがあるから、節約を心がけたい家族にしてみれば、DIはとっても役立っているんだろうなぁ~(うちもそうですね。)、と思います。自分にとって必要のないものでも他の人にしてみればまだまだ使えるものってたくさんあるんですよね。リサイクルは地球にとっても優しい事ですし、これからもますますDIにお世話になりそうです。
それになんといっても安くで気に入ったものが手に入るって、すごく嬉しいんですよね~(笑)
[PR]
by satoko_us | 2007-04-29 14:19 | Shops&Restaurants

Temple Square

SLCで一番有名な観光スポットかもしれません。
f0124293_2226987.jpg

ダウンタウンソルトレイクにある、ソルトレイク神殿です。この神殿は末日聖徒イエス・キリスト教会(通称モルモン教会、略してLDS Churchとも言う)の本部の横にあります。
入り口の前にある池。
f0124293_22485943.jpg

ダウンタウンの真ん中にあるのですが、神殿周辺は教会の本部や記念館などに囲まれていて穏やかで落ち着く雰囲気があります。モルモン教会について全く知らない観光客を考慮して、各国語を話すガイド宣教師の女性が神殿敷地内にたくさんいました。40ヶ国語のガイドが可能なそうです。歩いていると、韓国語やイタリア語、スウェーデン語などが聞こえてきました。

お花もたくさん植えられていて、綺麗でした。
f0124293_22561449.jpg

桜かな?
f0124293_22591851.jpg

正面から見た神殿。まるでお城みたい。高さ210フィート(64メートル)です。
f0124293_2313775.jpg

御影石で作られたこの神殿、40年かけて建てられて1893年に完成。という事は114年前ですね~
横にあったビジター・センター南館では、建築の様子が詳しく説明されていました。

ビジター・センター北館では、イエス・キリストの生涯をテーマにした展示や聖書に登場する預言者の説明などがありました。
f0124293_2334616.jpg

モルモン教はキリストを信じるクリスチャンではない、と勘違いしている人が多いと聞きますが、こういった展示を見るとそんな誤解も解けるのでしょうね~

日本語でソルトレイクとモルモン教の歴史を詳しくまとめているサイトが見つかりましたので、参考まで。

こちら→「US West.TV ユタ州ソルトレイクシティの歴史
ソルトレイクは国際都市?という記事も。→「US West.TV 真の国際都市
末日聖徒イエスキリスト教会のホームページ→「英語版」 「日本語版

私たち家族はモルモン教徒なので、意外と真実を知られていないこの教会の説明などもそのうちブログに書いていこうかなぁ~なんて思っています。特に私の改宗話とか。(誰も興味ないって?苦笑)

Salt Lake Temple on Temple Square
50 W. North Temple St.
Salt Lake City, UT 84150
[PR]
by satoko_us | 2007-03-26 12:23 | Sightseeing Spots