<< Marcus and Mimi Adidas Cup 2010 >>

Rio's first day of middle school

リオの学校が始まりました。

f0124293_134422.jpg


小学校を卒業し、中学生になった彼女。
ぴかぴかの中学1年生!と言いたいところですが、1年生じゃないのです。

リオは小学校4年生からホームスクールをやめて普通の学校に通うようになった際、Gifted Program(ギフテッド-英才児?-プログラム)で学んできました。Gifted Programに入っていると、一学年上のレベルを学ぶのでその分チャレンジ度アップにはなるのですが、それでもまだ物足りないと彼女が言い出したのが6年生の終わりごろ。中学2年生に飛び級してみたいと言うのです。
小学生から中学生になるにはかなり変化があるし、中学1年生のGifted Programに入るのだからそれでやってみてからにしたらと言い聞かせてはいたのです。でも本人がどうしてもと言うので校長先生に相談したら、「彼女は成績、成熟度、能力、どれをとっても問題はないから大丈夫。」と太鼓判を頂いたので、2年生のGifted Programには入れるよう、夏休み中にテストを受けました。その結果、やはり飛び級することになってしまいました。

アメリカの中学校は皆口をそろえて「大変だよ~!」と言うので心配していたのに、しかも飛び級することになったらいじめの対象になったりしないか少し心配しています。そんな私の心配をよそに、彼女は初日から「中学校楽しい!」と喜んでいます。本人が問題なく楽しんでいるのなら大丈夫かな~とも思いますが、どうなることやら。

普通の2年生じゃないので、来年からは高校の科目なども取り始めてしまうことになるみたいです。この調子ではあっという間に高校も卒業してしまいそうなので、大学資金を早く貯めなくては、とあせっています。
それよりなにより、2年間の中学生生活が有意義なものとなり、彼女にとってかけがえのない楽しい思い出がたくさんできるといいな、と思います。頑張れ~リオ!
[PR]
by satoko_us | 2010-08-27 01:11 | Kids
<< Marcus and Mimi Adidas Cup 2010 >>